読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちぐらー舎

ゲームシナリオライター、稲庭ちぐらの活動履歴など

ラジオドラマシナリオサンプル

本文1500文字(200字詰め原稿用紙12枚相当)。ラジオドラマ脚本形式のショートストーリーです。

————————————————————–

■タイトル:就職×戦争

■人物
久実(21)大学生
慶太(21)同級生

————————————————————–

■本文
    キーボードを叩く音。
    ノックの音がして、ドアが開く。
久実「え? 慶太?」
慶太「ああ?」
久実「なんでこんなところにいるの、慶太」
慶太「俺がいちゃ悪いかよ」
久実「いや、悪いっていうか。ここ、就職資料室だよ」
慶太「だからいるんじゃん」
久実「いや、ちょっとわかんない」
慶太「俺もね、一応真面目に考えてんの、就職」
久実「へー。そうなんだ」
慶太「納得してくれた? 優等生の久実さん」
久実「そっちが自由人すぎるだけでしょ」
慶太「やる時はやるぜ、俺」
久実「へー。じゃあ今がやる時なんだ?」
慶太「そのつもりだったんだけど、ね。なんつーか、マジでやばい」
    久実、溜息をつき。
久実「だろうね」
慶太「だろうねって何だよ、だろうねって」
久実「就職活動ってある意味形からでしょ。Tシャツにジーンズとかいい加減止めなよ」
慶太「それやめたら雪駄履けなくなんだろ」
久実「……それ、オシャレのつもりだったんだ」
慶太「んだよ」
久実「……女子ウケもいまいちだと思うよ、雪駄
慶太「んで? 久実、どこ行ってきたの。そのスーツで」
    久実、言いよどみ。
久実「通称『軍隊』のあそこ」
慶太「えっ? 超絶ブラックって呼ばれてる、あそこか?」
久実「……うん」
慶太「マジか」
    久実、真剣な声で。
久実「マジです」
慶太「そうか」
久実「そうなんです」
    慶太、咳払いをして。
慶太「実は」
久実「実は?」
慶太「俺も行ってきた。同じとこ」
    久実、驚いた声で。
久実「慶太も?」
慶太「しっかし噂以上にアレだよな、聞けば聞くほど」
    久実、勢いよく。
久実「だよねー!」
慶太「入ったらまず研修漬け。その間携帯もスマホも使えないとか。ないわー」
久実「24時間同じ人と顔つき合わせて生活ってのもきっついよねー」
慶太「無理だっちゅーようなことをできて当たり前だって顔で言ってくるところがおかしいよな、マジで」
久実「そうそう!」
慶太「そのくせ『手当は十分とは言えませんが』とかな」
久実「それ聞いた時、一応自覚はあるのか! って驚いた、私」
慶太「あるなら増やせよ、手当」
久実「ねえ?」
慶太「人手不足人手不足って言ってるくせにな。おかしいだろって。俺だってわかるっつの、そのくらい」
久実「じゃあさ、『この機関にその身を捧げる覚悟はありますか』には何て答えた?」
    慶太、吹き出す。
慶太「そんなこと聞く面接官いんの。ウケる」
久実「……慶太、聞かれなかったんだ?」
    慶太、笑いながら。
慶太「聞かれてたら吹く自信ある。リアルに」
久実「言っていい?」
慶太「聞きてえよ、久実の答え」
久実「研修候補生にだけ聞かれるんだよ、さっきの」
慶太「えっ」
久実「噂、だけどね」
慶太「マジで」
久実「みたいよ」
    慶太、長い溜息。
慶太「終わりだ、俺」
久実「……いいじゃん、ブラック行かなくてすんで」
慶太「そうかもしれないけど」
久実「まだ間に合うよ慶太。もっといいとこあるって。雪駄とTシャツとジーンズ止めてさ、ぴしっとすれば」
慶太「俺だって会社訪問の時はスーツ着てるっての」
久実「そっか。そうだよね」
    慶太、ぽつりと。
慶太「お前こそ、あんなとこ行くのやめろよ」
久実「……でも、決めたんだ」
慶太「地球とかさ、久実が守ること、ないよ」
久実「……でも、誰かがやらないと」
慶太「久実の成績なら、他にも選べるだろ。危険もなくて、給料もいいところ、いくらでも」
久実「考えて、選んで、ここが一番いいって思ったんだ、私」
    慶太、苦笑して。
慶太「久実らしいな」
久実「向こうもそう思ってくれるといいんだけどね」
慶太「……久実」
久実「ん?」
慶太「就職、おめでとう」
久実「まだ決まったわけじゃないよ」
慶太「もう決まりだろ。久実が機関に入るのは。久実は大丈夫だ。絶対、大丈夫だ。絶対に」
久実「……ありがとう」
    遠くから爆音。

<了>